http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461415732/ 
 
1 名前: 男色ドライバー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 21:48:52.10 ID:g9EFGY2p0.net BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.sc/ico/005.gif  
  第8回:コモディティ化の大先輩・電卓で考える家電進化論  
   
  小学生の頃、電卓にある種の憧れを持っていました。  
   
  理由は単純で、算数の計算で頭を使わずに解きたいという怠惰さの表れです。当時はまだ電卓をハイテクに思える時代でもありました。  
  若い人にはわからないでしょうが、デジタル表示に未来を感じてたんですよ。  
   
  http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/kanhoo/20160420_753926.html  
 
 
 
7 名前: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 21:52:46.03 ID:pdcITt8h0.net 
  じゃあハゲも進化の過程で繁殖に有利だったら未来の人間はみんなハゲの可能性もあるってこと?  
 
55 名前: ムーンサルトプレス(大阪府)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:15:19.27 ID:PqHurwCE0.net 
  >>7  
  現実にはハゲは女からキモがられるから繁殖に不利なので淘汰されるやろな  
 
63 名前: エルボードロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:17:31.92 ID:ueqSyq6y0.net 
  >>55  
  なんでもっと早く淘汰しといてくれなかったんだ  
 
74 名前: イス攻撃(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:21:10.48 ID:FzHvtRz20.net 
  >>63  
  若ハゲはこれでも淘汰された方なんじゃないか。  
  たいていは子供が産まれた年頃からハゲはじめるから、なかなか淘汰されない。  
 
94 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:27:57.88 ID:dLoezmwH0.net 
  >>74  
  ハゲ好きな女もいる、  
  だからハゲが減らない。  
  男を決めるのはハゲじゃないし。  
  子供を作る能力が高いやつが残る。  
  スレタイバカなの?  
  泳げば晴れになるし、岩場を歩けば爪が発達する  
   
  こんなバカばっかりに日本はなったのか  
 
178 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:54:03.70 ID:oMFOjuI80.net 
  >>94  
  ようハゲ  
 
10 名前: トペ スイシーダ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 21:57:17.49 ID:aVbaoEe30.net 
  無数に枝分かれして  
  環境に適応したのが生き残ったのであって  
  1本だけ伸びていったわけじゃない  
   
   
  でも進化論って胡散臭いよな  
  シーラカンスやカブトガニはそのままなのに  
  人間はネズミから進化って  
 
533 名前: トラースキック(やわらか銀行)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:14:16.74 ID:JA/1PqYY0.net 
  >>10  
  進化したらその途中のやつはいちゃだめなのか?カブトガニとかシーラカンスとかは途中のやつが絶滅せずに残ってるってことだろ  
  べつにそれは残っててもおかしくはないだろ  
 
14 名前: エルボードロップ(佐賀県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 21:59:26.37 ID:ABKxd8i30.net 
  手足がヒレ化するのはまあいいとして背びれってどこから出てくるんだろうな  
 
76 名前: キドクラッチ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:21:22.80 ID:8fHbGWKb0.net 
  >>14  
  手足がヒレ化した例をあげてみてくれ  
 
18 名前: ネックハンギングツリー(広島県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:01:48.12 ID:UskLmPLk0.net 
  ダーウィンが進化論発表してから150年くらいだっけか  
  その間に進化が見られた例は2種類しかないって聞いたな  
  その一つはなんかの鳥の卵の色が変化してるそうな  
 
31 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:07:53.92 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>18  
  耐性菌のニュースとか見たことあるはずだろ?  
  薬剤耐性のあるゴキブリだって問題になってる  
   
  あれだって一種の進化だよ  
 
183 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:55:06.84 ID:oMFOjuI80.net 
  >>31  
  あれはいろんなパターンのやつがいて、強いやつが生き残って弱いやつが淘汰されただけだろ  
 
189 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:55:51.13 ID:dLoezmwH0.net 
  >>183  
  それが進化だろ  
 
657 名前: クロスヒールホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:58:13.55 ID:JJGeff7s0.net 
  >>18  
  大儀で言えば現代人もここ十数年で大きく進化したらしいぞ  
  大昔サルが火を扱えるように進化したのと一緒で  
  現代人の進化は通信らしい  
  通信が発達していなかった過去には戻れないそうだ  
  (ソースなし)  
 
19 名前: ファイナルカット(栃木県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:02:23.01 ID:qVHiBSAZ0.net 
  五輪水泳の金メダリスト、鈴木大地は進化して水掻きができてきたとTVで見せていたぞ。  
   
  http://pds.exblog.jp/pds/1/201501/05/17/f0031417_194396.jpg

 
 
103 名前: パロスペシャル(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:30:52.01 ID:z+6rCQVQ0.net 
  >>19  
  そんなの高校の水泳部でも普通だわ  
  柔道部の耳と一緒  
 
20 名前: トペ コンヒーロ(空)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:02:36.68 ID:wx31p6PH0.net 
  進化論を理解したところでなんの意味があるの?  
  未来に役立つの?  
 
27 名前: シューティングスタープレス(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:05:41.04 ID:Aic84NDB0.net 
  >>20  
  現行の育種改良と進化論は大体沿った物だよ  
   
  人が身体の大きくなる牛だけを選抜すれば身体の大きい牛の比率が多くなるだろ?  
  自然界でも寒冷化とかで身体の大きな物以外が死ぬようになったらそれと同じ事が起こる  
   
  進化論を研究する事でもっと効率の良い育種が出来る可能性がある  
 
29 名前: ボマイェ(関東・甲信越)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:07:27.09 ID:1TTeYdQjO.net 
  >>27  
  あの手足の短い犬とか欠陥品にしか思えんけどあいつらそのうち芋虫になるの?  
 
35 名前: シューティングスタープレス(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:08:34.95 ID:Aic84NDB0.net 
  >>29  
  手足の全くないような奴をヒトが選択するようになればあり得るけどまあそうはならないだろうね  
 
43 名前: ボマイェ(関東・甲信越)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:10:43.45 ID:1TTeYdQjO.net 
  >>35  
  飼い主の欲望を充たすための醜い犬とか見てて悲惨だお  
  自分達が何をしてるのか理解するためにいっそあの方向で芋虫になればいいんだお  
 
49 名前: シューティングスタープレス(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:13:35.32 ID:Aic84NDB0.net 
  >>43  
  でも君だって肉や乳製品食ってるでしょ  
  ブロイラーなんて素早く大きくなるようにし過ぎて大抵すぐ足腰立たなくなったり心臓やられちゃうくらい凄まじい改良してるんだよ  
   
  君もその犬を飼ってる人達とそう大差ない立場な事は自覚しなきゃ  
 
66 名前: カーフブランディング(関東・甲信越)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:18:14.09 ID:1TTeYdQjO.net 
  >>49  
  生産効率に関する品種改良は個人のコンプレックスとは相関しないし醜いどころかどうとも思わん  
  あくまで特定の個人の欲望と直結するから気持ち悪いと思うんやで  
 
73 名前: シューティングスタープレス(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:20:30.99 ID:Aic84NDB0.net 
  >>66  
  うまい飯を食いたいっていう個人の欲求に直結してると思うけどね  
  生産動物は自分の身から遠い所にいるからきになってないだけで動物の立場からしたら人類全員鬼なんだよ  
 
99 名前: カーフブランディング(関東・甲信越)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:29:34.45 ID:1TTeYdQjO.net 
  >>73  
  そういうのは個人の欲望じゃなくて分業社会する上での効率に留まる  
  奇形レベルの愛玩動物には飼い主の欲望をそのまんま映し出すようなブレがあんのよ  
  ぶりぶりケツ動かして歩く姿見てるとそのまんま短くなってったらお前らもうすぐ芋虫だぞと思えて仕方がない  
 
115 名前: シューティングスタープレス(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:33:34.61 ID:Aic84NDB0.net 
  >>99  
  家畜なんてどれも人の欲望を満たすためにいるんだからさ、愛玩用であれ食用であれそこに何も違いはないよ  
   
  まあ感性の違いで君には今の改良したイヌは気持ち悪く見えるんだろうけど奇形のように膨らんだ牛の乳房から出た乳をありがたがって飲むなんて気持ち悪いという人もいるわけさ  
   
  その辺叩きだしたらもうただのイチャモンみたいなもんだぞ  
 
132 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:39:29.95 ID:dLoezmwH0.net 
  >>115  
  改良と進化を区別できないやつは無視しろ  
 
137 名前: リキラリアット(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:40:41.85 ID:ai5b5HhX0.net 
  >>132  
  淘汰圧がヒト由来か自然由来かの違いだけだから似たようなモンではあると思うけどね  
 
141 名前: ジャーマンスープレックス(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:43:05.68 ID:RkFsIwLD0.net 
  >>137  
  人が選別するのを進化と呼ぶのか?  
 
38 名前: マスク剥ぎ(西日本)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:09:30.65 ID:8b9wgcgk0.net 
  淘汰がないと変化しないよね  
  息のもたない奴は死んで、泳ぎの達者な奴だけが生き残り続ければ  
  クジラ並に潜れるようになるかもよ  
  同じような事は競争馬で起きてる  
  足の速い馬の子孫だけが生き残ってるからどんどん足が速くなる  
 
45 名前: ブラディサンデー(埼玉県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:11:30.66 ID:pCxt60Zq0.net 
  >>38  
  早く走るために足があと4本くらいはえてこねーのかな?  
  昆虫みたいに。こういうのが不思議なんだよなぁ。  
 
88 名前: 毒霧(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:25:10.55 ID:NmWYO8tS0.net 
  なんで微生物が進化する必要があるんだよ  
 
97 名前: ネックハンギングツリー(空)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:29:03.62 ID:NHmzDo+F0
?2BP(1500) 
  sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_5.gif  
  植物はなんなんや  
 
120 名前: リバースネックブリーカー(神奈川県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:35:21.36 ID:UJuEqyeP0.net 
  猫の舌ってどういう進化遂げてんだよ  
  毛ずくろいしたいから舌をザラザラにするとかヤバすぎだろ  
 
126 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:36:31.96 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>120  
  獲物の肉を骨から削ぎ落とすのにザラザラしてるほうが有利で生き残りやすかったからそうなっただけで猫がそうなりたかったからなったわけじゃない  
 
138 名前: キングコングニードロップ(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:41:28.82 ID:RWPl2OWR0.net 
  種が生き残るには最低20個体は必要と聞いたことがある  
  進化論に当てはめると似たような突然変異が同じ時期に大量発生する必要があるけど、そんな都合いいこと起こるんだろうか  
 
144 名前: ランサルセ(やわらか銀行)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:43:39.14 ID:mXtveVQs0.net 
  生存確率的にはどう考えても鼻の下や尻の穴より脳がある頭の方を守るべきだと思うんだが  
  ハゲてもヒゲやケツ毛が残るように全身毛むくじゃらの原始人から人類は進化してきた  
  これはどういうことなんだぜ?  
 
346 名前: 閃光妖術(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:29:55.79 ID:okwCWYqX0.net 
  >>144  
  髭は首を守るためだろ  
  野性では髭剃りやハサミなんてないから延びっぱなし  
  ライオンのたてがみみたいなもん  
 
152 名前: ビッグブーツ(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:46:17.18 ID:b1Dxs37q0.net 
  こんな擬態とか補食に全く役に立たないツノゼミの形とかどう説明する?  
  https://livedoor.sp.blogimg.jp/xcrex/imgs/9/3/932b41af.jpg

 
   
  一説では、「進化」が起こる際に奇形が多量に生まれてそれが新種として固定されるのは一瞬だと言う話もある。  
 
156 名前: ヒップアタック(栃木県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:48:01.12 ID:0+mElvbm0.net 
  そういや海から陸って生物がほとんどだけど  
  逆に陸から海へ行った生物っているの?  
 
165 名前: ウエスタンラリアット(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:49:55.24 ID:YqVi8ILf0.net 
  人間が品種改良するように、人間以外の知性体が生物に手を加えた説って  
  仮説としてなんかおかしいの?  
 
170 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:51:39.97 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>165  
  その謎の知性体とかいう突拍子のない存在を認めるよりは現行の進化論の方が自然じゃん  
  ある程度は化石とかの観察により実証されてるわけで  
 
172 名前: ウエスタンラリアット(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:52:42.97 ID:YqVi8ILf0.net 
  >>170  
  突拍子ないかな?  
  人間に知性があるんだから、他にそういうのがいてもいいじゃん  
 
175 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:53:25.15 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>172  
  いてもいいけどそれを支持できるだけの証拠があるの?  
 
179 名前: ウエスタンラリアット(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:54:13.04 ID:YqVi8ILf0.net 
  >>175  
  仮説に証拠はいらんだろ  
  理論だけで  
 
195 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:57:15.80 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>179  
  その理屈で行くなら俺が全ての人類の神であり創造主である説とか仮説として成り立つよね  
   
  でも説得力が0じゃ意味ないじゃん  
 
204 名前: ウエスタンラリアット(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:59:16.45 ID:YqVi8ILf0.net 
  >>195  
  支持する人がある程度いれば、説得力が出て意味のある仮説になるの?  
 
212 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:01:08.25 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>204  
  何の根拠も無しに学会とかで支持を得られると思うなら発表すればいいんじゃない  
   
  わけの分からぬ集団が納得できる根拠も無く変な想像神話言ってたとこで世間からはただの新興宗教とみなされるのがオチだけど  
 
167 名前: フロントネックロック(北海道)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:51:04.83 ID:Ro17L1zc0.net 
  コノハムシとかあれはどうなってんだろうな。葉脈とか少し枯れてるところとかリアルすぎんだろ。そこまで細かく偶然奇形が産まれることなんてありえるのかよ。  
 
194 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:57:15.33 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>167  
  アレを見ると複眼でもヒトと殆ど同じ  
  視覚世界を共有してるのが判る  
 
203 名前: アキレス腱固め(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:59:14.85 ID:gkLnc3td0.net 
  >>194  
  俺たちから見て普通の葉っぱみたいじゃないと、複眼から見たとき複眼における葉っぱみたいに見えないじゃん  
 
213 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:01:16.55 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>203  
  そう言われているが、カメレオンとかヒラメなんかの擬態生物を見ると  
  殆どの生物は同じ視覚世界を共有してると考えないと説明がつかない  
 
214 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:01:58.69 ID:oMFOjuI80.net 
  >>213  
  そうなんだよな  
  昔図鑑に載ってた、「複眼のやつらにはこう見えています」って写真はなんだったんだ  
 
251 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:11:01.10 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>214  
  間違いなく考えられてる以上に  
  高度な情報処理がなされてるんだろうね  
 
258 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:12:26.34 ID:oMFOjuI80.net 
  >>251  
  俺とそう思う  
  あれってレンズ的な、光学的な話なだけで情報処理無視してるよな  
  センサーがどうなってるかが大事なのに  
 
217 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:03:21.64 ID:dLoezmwH0.net 
  >>203  
  複眼で見た葉っぱでいいじゃん  
  意味わからないけれど。  
   
  昆虫が見た葉っぱになればいいだけ。  
  なぜ、人間目線優先?  
 
257 名前: アキレス腱固め(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:11:49.10 ID:gkLnc3td0.net 
  >>217  
  君が見た自分の部屋があります  
  複眼の虫には違った形に見えます  
  仮に虫が君の部屋に擬態します  
  あなたの目には君が自分の部屋に見えますが、虫にそのように見えていることにはなりません  
 
262 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:13:46.07 ID:oMFOjuI80.net 
  >>257  
  虫も情報処理の過程で人間の近い認識を得るかもよ  
  レンズが超複眼レンズなだけで  
 
274 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:16:26.52 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>262  
  最近はレンズなしでもGPUの力業で  
  合焦画像造り出してたりするからな  
  情報の欠損が無ければ原理的には可能なんだよね  
 
291 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:19:49.52 ID:oMFOjuI80.net 
  >>274  
  案外一眼レフと二眼レフみたいな違いなのかもしれない  
  数が膨大なだけで  
 
295 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:20:59.08 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>291  
  二眼レフはちょっと違う…  
  例えるなら電波望遠鏡かなぁ  
 
306 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:22:57.99 ID:oMFOjuI80.net 
  >>295  
  でんぱぼうえんきょう…?  
 
339 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:28:34.97 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>306  
  レンズ使ってないけどスキャンして  
  二次元情報を構築してるからね  
 
350 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:30:48.08 ID:oMFOjuI80.net 
  >>339  
  いきなりセンサーに情報ぶちこむかんじですかね  
 
188 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 22:55:45.23 ID:oMFOjuI80.net 
  キモオタが淘汰されてたら残りはイケメンばっかりにならんのかな  
 
201 名前: ヒップアタック(栃木県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:58:53.42 ID:0+mElvbm0.net 
  むしろ昆虫の擬態って進化論のもっとも分かりやすい例だと思うんだが  
 
206 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:00:02.57 ID:oMFOjuI80.net 
  >>201  
  どうやって昆虫があんな客観的に見てもソックリになるように判断できるんだよ  
  そもそも1代じゃ数年も生きれないだろ  
  変わりたい頃には、死んでるだろ  
 
215 名前: 魔神風車固め(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:02:59.67 ID:57vpaIor0.net 
  >>206  
  1代で変わるなんて誰も言ってないし昆虫が変わりたいと思うから変わる訳でもない  
  数万年とかそういうスパンでより葉っぱの形に近い物が生き残りやすい環境に置かれたらそういう奴が生き残ってたってだけ  
 
221 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:03:55.60 ID:oMFOjuI80.net 
  >>215  
  葉っぱの形に近いヤツってなんだよwww  
  なら最初に葉っぱの形に近くなったやつはどうやって葉っぱの形に近くなったんだよwww  
 
244 名前: 魔神風車固め(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:09:25.06 ID:57vpaIor0.net 
  >>221  
  例えば日本人だって松崎しげるのような奴と白人のように色白な奴とがいるだろ?  
  それと同じように同じ種類の昆虫でも多少の体色や体型のバラつきを持って生まれてくるわけ  
   
  で、その中で葉っぱの色から遠い色に生まれてきてしまった奴は食われる確率が高いから子孫を残しにくい  
  近い色に生まれてきた奴は食われる確率が低くて子供を残しやすい  
   
  それを何万年もやってると自然に葉っぱそっくりな色の奴ばかりになっていくってわけ  
  同じ事が体型とか体の皺とかにも言える  
 
254 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:11:17.50 ID:oMFOjuI80.net 
  >>244  
  いやいやならんだろ  
  それって誰か確認したのかよ  
 
279 名前: 魔神風車固め(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:16:48.92 ID:57vpaIor0.net 
  >>254  
  例えば昆虫の農薬耐性とか分かりやすい  
  たまたま農薬耐性の高かった奴だけ生き残っちゃうから一つの農薬を使い続けてるとしまいには効かなくなるなんてことが頻繁に起こる  
  体色の例で言うならシモフリエダシャクとかで変化が確認されてるよ  
   
   
  これを何万年という途方もない時間をかけてやるんだ  
 
296 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:21:02.35 ID:oMFOjuI80.net 
  >>279  
  まじかよおおおお  
  虫すごすぎ  
  虫って数が多いから可能なんかな  
 
310 名前: 魔神風車固め(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:23:43.10 ID:57vpaIor0.net 
  >>296  
  地域に灰色っぽい工場が増えた→灰色っぽい色の奴が食われにくくなった→灰色の蛾の割合が増えた  
  ってのがシモフリエダシャクの例ね  
   
  昆虫はヒトと違って数ヶ月〜数週間スパンで世代交代するから何十倍何百倍の速度で進化していく  
 
319 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:24:45.47 ID:oMFOjuI80.net 
  >>310  
  昆虫すごすぎる  
  うちはアメリカシロヒトリの大群に襲われてるけどあいつら数の暴力  
 
385 名前: キングコングニードロップ(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:40:08.32 ID:RWPl2OWR0.net 
  >>310  
  日本の大学が暗闇でハエを一万世代育て続けたけど何も変化がないって聞いたことあるぞ  
 
205 名前: ジャーマンスープレックス(空)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 22:59:58.42 ID:s9nfsTKV0.net 
  前にヨウツベで進化論信者 対 キリスト教信者の動画みたな。キリスト教信者が論破してるように編集してあった。  
 
211 名前: ジャーマンスープレックス(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:01:08.01 ID:RkFsIwLD0.net 
  >>205  
  論破も何も宗教家に論理的な説明ができる訳が無い  
  証拠が聖書しか無いんだから  
 
236 名前: カーフブランディング(大阪府)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:06:36.12 ID:bJTY31fT0.net 
  証明出来ない以上宗教と大して変わらん  
  科学者は宗教をバカにするがね  
 
237 名前: ブラディサンデー(dion軍)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:07:06.65 ID:JM59zJR20.net 
  魚類と哺乳類で体の仕組みは全然違うのに、魚、イルカ、クジラとかきれいに似たような形になるのも不思議だよね・・・  
 
242 名前: ジャンピングDDT(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:09:00.82 ID:Yr3AbQ510.net 
  長ーーーーい年月をかけて願い続ければ進化できる  
  トカゲが空を飛びたいと思い続けた結果が鳥  
 
275 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:16:32.80 ID:oMFOjuI80.net 
  >>242  
  でも1代の寿命って数年とか数十年だろ  
  次の世代がどうやって共有するんや  
 
288 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:19:35.30 ID:dLoezmwH0.net 
  >>275  
  まじスレ  
  トカゲがいました。  
  敵に襲われました。  
  隣の木に飛び移った個体が助かりました。  
  それを何代も繰り返し遠くまで飛ぶ個体が残った。  
 
293 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:20:29.92 ID:oMFOjuI80.net 
  >>288  
  トカゲはそれでなっとくできる  
  ただし擬態化昆虫だけは認められん  
 
298 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:21:30.39 ID:dLoezmwH0.net 
  >>293  
  その植物に似たやつが生き残っだだけ  
 
301 名前: シャイニングウィザード(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:22:23.79 ID:l9BZ+MIF0.net 
  >>293  
  保護色の昆虫なんかいっぱいいるやん  
  それの延長線上だろ  
 
303 名前: ヒップアタック(栃木県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:22:29.91 ID:0+mElvbm0.net 
  >>293  
  ある昆虫がいました  
  敵が近くにきました  
  木の幹により近い色の個体は助かりました  
  それを何代も繰り返し、より木の幹っぽい形の個体が残った  
   
  じゃダメなの?  
 
312 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:23:51.17 ID:oMFOjuI80.net 
  >>298  
  >>301  
  >>303  
  それにしても似すぎだろ  
 
356 名前: ジャンピングDDT(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:31:41.82 ID:Yr3AbQ510.net 
  >>275  
  意思が遺伝しないとも限らないだろ  
  少なくとも趣味嗜好レベルではある程度の遺伝が確認されてる  
 
363 名前: 男色ドライバー(香川県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:32:57.20 ID:EvqH94mR0.net 
  >>356  
  科学的な根拠があるの?  
 
377 名前: ジャンピングDDT(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:38:28.50 ID:Yr3AbQ510.net 
  >>363  
  「ある」とされている  
  岩波から出てる「心を生み出す遺伝子」とかブルーバックスの「エピゲノムと生命」とかにわかりやすく書いてるからオススメ  
 
387 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:40:20.09 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>377  
  ブルーバックスはまだしも、  
  最近の岩波は結構トンデモ本がある  
 
403 名前: ジャンピングDDT(SB-iPhone)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:44:29.53 ID:Yr3AbQ510.net 
  >>387  
  訳あって幼い頃に生き別れになった双子を長年にわたって研究したおかげで、知能指数や味覚、娯楽の趣味など  
  赤の他人のよりも明らかに趣味嗜好が似る、というデータがちゃんとある  
 
556 名前: アンクルホールド(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:23:37.87 ID:GvIQhCue0.net 
  >>403  
  ソレは単なる環境による学習やん  
  岩波は本格的に終わってるな…  
 
383 名前: ダブルニードロップ(愛知県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:39:51.66 ID:WaBijS4+0.net 
  >>356  
  意思が遺伝すると俺も思う  
  いつも否定されるけど  
 
247 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:09:44.42 ID:oMFOjuI80.net 
  科学的に証明っていうけどテキトーな論文たくさんあるし、科学者に証明してもほんとにそうかはわからんよな  
 
261 名前: ラ ケブラーダ(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:13:17.63 ID:/uNp7aa90.net 
  環境に適合した種だけが生き残り形態が変化すると言う説明だけで進化は語れるの?  
 
272 名前: ネックハンギングツリー(空)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:16:20.27 ID:NHmzDo+F0
?2BP(1500) 
  sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_5.gif  
  人間から枝分かれする  
  別生物が出てくるのかってことだね  
 
323 名前: ニールキック(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:25:23.46 ID:oMFOjuI80.net 
  こんなに昆虫の進化早かったらそのうち人形昆虫が出てきて●されそう  
 
343 名前: 男色ドライバー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:29:02.77 ID:V6CQOXKO0.net 
  人間が枝分かれしてるのは解るな  
  肌の色だけじゃなく  
  他の解剖学的差異も  
  人種間や地域間である  
 
365 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:33:14.19 ID:uMy1hXa90.net 
  進化をつかさどったのが神というのは間違いだとして  
  これらを形成したのを長大な時間に丸投げしたのがいわゆる正統派進化論  
  それはくだらないのでかつての神の代替物が措定されなければならない  
  たとえばウイルス  
 
384 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:40:00.26 ID:TePCGJlx0.net 
  >>365  
  ウィルスは単に変異を起こす自然現象の1つに過ぎないから、進化論が劇的に書き変わるということとは関係がないよ  
 
395 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:42:19.56 ID:uMy1hXa90.net 
  >>384  
  突然変異を「まめ」に起こすにはウイルスのはたらきは大きいと思う  
 
400 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:43:46.18 ID:TePCGJlx0.net 
  >>395  
  いずれにせよ進化論の枠組みが変わるような話ではないよ  
 
409 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:46:25.94 ID:uMy1hXa90.net 
  >>400  
  ウイルスはまだよく解明されてないのによくそこまでいえるなあとしか  
 
412 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:46:58.85 ID:TePCGJlx0.net 
  >>409  
  具体的にウイルスと進化の何がよく解明されていないの?  
  かなり解明されていますけど  
 
422 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:48:38.06 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>412  
  解明されてるとは言えない  
  ウイルスによる遺伝情報伝達がある可能性は否定出来てない  
 
429 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:50:19.91 ID:TePCGJlx0.net 
  >>422  
  否定できていないどころか、いくつも例がみつかっているよ  
  何度も言うが、それは「変異を起こす原因の1つ」にすぎず、従来の進化論と何ら反していない  
 
437 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:52:29.70 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>429  
  そうなんですよ  
  むしろ不活性な遺伝子にはウイルス由来と  
  考えられるモノが少なくない  
  ソレがどういう働きをしてるのかが研究対象  
 
459 名前: ストレッチプラム(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:56:49.80 ID:SiA2MNbw0.net 
  >>437  
  単純な生物なら水平伝搬した遺伝子が機能することもあるかもしれんけど  
  多細胞生物の遺伝子に急に別物が入り込んでなおかつ機能するなんてほぼ無理じゃねーかな  
  伝搬しても不活性で働きがないからこそ隠れて存在できてる  
 
430 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:50:23.48 ID:uMy1hXa90.net 
  >>412  
  突然変異とその集団化において、ウイルスが媒介した仮説を立てたとして今なんら問題ないと思うんだけど  
 
434 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:51:31.06 ID:TePCGJlx0.net 
  >>430  
  だから、ウィルスによって変異が起こるとして、それが何か従来の進化論と対立するの?しないんだよ  
 
439 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:53:30.61 ID:uMy1hXa90.net 
  >>434  
  従来の進化論は説明原理をもってない不備な学説なんだよ  
  その辺どう君の中で処理してるの?  
 
447 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:54:28.88 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>439  
  ひょっとして遺伝子は変化しないモノと思ってる?  
 
448 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:54:35.37 ID:TePCGJlx0.net 
  >>439  
  なんだ、その説明原理って言う謎ワードはw  
 
458 名前: 32文ロケット砲(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:56:41.61 ID:uMy1hXa90.net 
  >>447  
  思ってない  
  >>448  
  誰にもわかるようなことばで話せるということかな  
 
443 名前: フロントネックロック(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:53:39.10 ID:AWFYsx6l0.net 
  >>434  
  ウイルスの痕跡がDNA に残る場合があるんでしょ。その実例もあるんでしょ。だから説としては否定する必要無いんじゃないかな。  
 
370 名前: キン肉バスター(大阪府)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:33:57.87 ID:6PkJmown0.net 
  地球上にいる如何なる生物も繁栄するようにとDNAに刻み込まれている  
  でもそもそもの話、一番初めの原点たる生物は何で繁栄するってルールが刻み込まれたのさ  
  ウィルスだか菌だか何か知らないけどさ  
  別に死んでもよくね?滅んでもよくね?  
   
  人間ならまだわかるよ  
  長生きして楽しみたいとか幸せになりたいとか色々あるだろう  
  動物にもそんな感情はあるんだろうか?魚辺りからもう無さそうな気がする  
  植物や菌とかまでいったら絶対ないでしょ  
  でもただひたすら繁栄と言うプログラムを実行し続ける  
  全ての生物にはそういうルールを受け継いできてるから  
  じゃあやっぱり一番初めはなぜそんなルールを?に戻る  
 
373 名前: イス攻撃(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:36:09.98 ID:zcwWLrAj0.net 
  >>370  
  自己増殖するってルールが組み込まれなかった奴はそのまま滅んでいなくなるんだから世の中にいるのは自己増殖できる奴だけになるわな  
   
  自己増殖のできない形質の奴も勿論毎日沢山生まれてるけどそんなのは全部生き残らずいなくなってしまってるだけ  
 
405 名前: キン肉バスター(大阪府)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:45:15.68 ID:6PkJmown0.net 
  >>373  
  そうそう、でも本来そんなルールなんか無くてもみんな滅んでもよくね?  
  何の為に生き残るのか、何の為に繁栄し続けないといけないのか、なぜある一定の種だけそんなルールができたのか  
 
411 名前: フロントネックロック(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:46:52.34 ID:AWFYsx6l0.net 
  >>405  
  考えると確かに深いね!そもそも何故生物が存在するのだろう。  
 
371 名前: レインメーカー(庭)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:35:01.96 ID:esMl5qvq0.net 
  あー翼が欲しいっす  
 
374 名前: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:36:54.39 ID:dLoezmwH0.net 
  >>371  
  その思いが、未来に繋がる  
  毎日腕を動かして羽ばたきしろ  
   
  地球があるか知らないけど。  
 
378 名前: 男色ドライバー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:38:42.61 ID:V6CQOXKO0.net 
  既にイヌと狼を別つ様な差異が  
  形質差異が大きい犬種間では  
  あると思う  
   
  品種改良の果てで  
  あり得ない話ではあるが  
  チワワなど昔  
  「発見」されていれば  
  イヌと呼ばれ  
  無かったかも知れない  
 
388 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:40:55.61 ID:TePCGJlx0.net 
  >>378  
  現生の犬は全部1種の動物。亜種ですらない  
 
423 名前: 男色ドライバー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:48:42.70 ID:V6CQOXKO0.net 
  >>388  
  形質差異が人間の手に依るモノを  
  品種  
   
  自然に形質差異があれば  
  亜種  
   
  差異が十分にあると言う事さ  
  イヌには何品種もいるだろう?  
 
432 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:50:49.94 ID:TePCGJlx0.net 
  >>423  
  単に持続的に生殖可能だから同種ってだけ  
 
442 名前: 男色ドライバー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:53:38.54 ID:V6CQOXKO0.net 
  >>432  
  掛け合わせが  
  難しい犬種ペアもある  
 
391 名前: ラ ケブラーダ(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:41:40.77 ID:/uNp7aa90.net 
  進化はエントロピーを増大させていることになるんだよな?  
 
413 名前: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:47:07.81 ID:hk7WRvIQ0.net 
  >>391  
  進化と熱力学的エントロピーは関係ない  
 
416 名前: ラ ケブラーダ(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:48:05.70 ID:/uNp7aa90.net 
  眼の誕生によりカンブリア期に爆発的な生物種の増加が起きたと言われているんだよな?  
 
452 名前: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/23(土) 23:55:23.32 ID:liAi6yWN0.net 
  ハゲたくないハゲたくない  
  って念じていればフサの家系になるのか  
 
468 名前: ラ ケブラーダ(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/23(土) 23:59:02.32 ID:/uNp7aa90.net 
  生命現象は秩序だっているのにエントロピーは増大してるんだよね?  
   
  不思議な感覚  
 
475 名前: レインメーカー(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:00:40.22 ID:O/XIK7Sr0.net 
  進化論では海で発生した生物が陸に上がる過程とかどう説明してんの?  
  海で生まれたんだけど、突然変異でたまたま手足が生えて肺呼吸ができるよようになった個体が  
  海で溺れかかって命辛々陸に上がったら、呼吸できちゃった?  
 
479 名前: ファイナルカット(栃木県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:02:49.91 ID:32T+F4X40.net 
  >>475  
  進化論の一番の弱点は閾値というか形質を根本的に変えた場合だろうな  
  エラから肺への形質変態はどうなってるのかね?  
 
480 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:03:13.82 ID:/e18/bX10.net 
  まず、科学の話をしている人間を「偉そうにしている」と捉える被害妄想気質を正してはいかがか  
 
489 名前: キングコングニードロップ(静岡県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:04:43.03 ID:iyn+zkIt0.net 
  >>480  
  自分のことを言われたとでも思い込んじゃったの?w  
 
496 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:05:36.49 ID:/e18/bX10.net 
  >>489  
  お、アンカーしてくるあたり刺さったかな?  
 
503 名前: キングコングニードロップ(静岡県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:06:51.99 ID:iyn+zkIt0.net 
  >>496  
  被害妄想体質過ぎっすよ 自称科学者様w  
 
506 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:07:15.39 ID:/e18/bX10.net 
  >>503  
  よくわからんけど負け犬っぽいね君w  
 
508 名前: キングコングニードロップ(静岡県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:07:57.14 ID:iyn+zkIt0.net 
  >>506  
  効いてますなあw  
 
487 名前: セントーン(青森県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:03:59.26 ID:vgajqxCz0.net 
  シーラカンスは進化してないじゃん  
 
493 名前: ラダームーンサルト(庭)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:05:22.07 ID:foqjke7u0.net 
  そう言えば、鶏が先か卵が先か問題が決着したとか聞いたけど結局どっちだっけ?  
 
500 名前: トペ スイシーダ(catv?)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:06:15.14 ID:YTREYdF30.net 
  経験や思考がDNAで受け継がれるから、何代も同じことしてれば変わるんじゃないの?  
  まだ科学的に証明されてないけど、経験や体験がDNAに受け継がれなければ、血筋と言う概念は無い。  
 
510 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:08:03.19 ID:+dKKoj9Y0.net 
  >>500  
  基本を勉強しろ  
 
522 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:11:10.74 ID:IaQIfxA60.net 
  ここなら答えがみつかるかもしれん  
  昆虫の擬態なんだがなぜあんなに周りの物に似せれたのだろうか  
  鏡が無ければ自分の姿を確認出来ないのになぜ擬態に合った環境を知っているのだろうか  
  また擬態していない同種の昆虫はなぜ淘汰されなかったのだろうか  
  進化論は完成してないよな  
 
530 名前: スパイダージャーマン(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:13:37.53 ID:P7D0M40Y0.net 
  >>522  
  鳥さんが下手くそなやつ食べて選別してくれるからな  
  鳥の目と人の目がたまたま似たように世界を見てるから人に対してデザインされたように感じる  
  虫自信は複眼で、見えてる波長とかも違うからまた違った姿に見えるだろな  
 
549 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:20:56.35 ID:IaQIfxA60.net 
  >>530  
  選別されていたとしよう  
  なぜ擬態していない昆虫は淘汰されていないのだろう?  
  誰かにレスされてるけど昆虫自信の意思は関係ないと俺も思う  
  神?か何かのデザイン的な何かが作用しなければ擬態なんてありえないと思うのだが神なんていないよな  
 
552 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:21:40.22 ID:/e18/bX10.net 
  >>549  
  擬態以外の手段で適応しているからだよ  
  擬態は生き延びるための唯一の方法ではない  
 
562 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:25:08.81 ID:IaQIfxA60.net 
  >>552  
  擬態していない昆虫はどうやって生き延びたの?  
  よく指摘される選別はどう回避するの?  
 
563 名前: スパイダージャーマン(中部地方)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:25:18.43 ID:P7D0M40Y0.net 
  >>549  
  活動時間とかサイズとか天敵の食生とか  
  あと虫自体の種類による物理的要因(そもそも薄い羽がないからむずい)とかいろいろあるからね  
  毒で対抗したり一目散に逃げたり  
  いろいろだね  
 
579 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:29:37.97 ID:IaQIfxA60.net 
  >>563  
  そう考えると人畜無害なモンシロチョウはなぜ存在するのか分からなくなるんだよな  
 
583 名前: ボマイェ(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:30:31.01 ID:Npj9xrj70.net 
  >>579  
  キャベツ畑かな  
 
594 名前: アンクルホールド(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:35:36.72 ID:jna+vwvE0.net 
  >>579  
  どういった方向性へ進化し、生き延びるかはその生態系がどういう変異の谷に落ちるかによるし、現在も全ての生物が進化の過程だから現状が進化の行き着く先だと考えるのは間違いだ  
 
599 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:40:00.63 ID:IaQIfxA60.net 
  >>594  
  枯れ葉擬態にもまだ先があるってことか  
  最終的には消えてなくなるんじゃないか  
 
603 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:41:46.07 ID:/e18/bX10.net 
  >>599  
  例えば気候変動で擬態していた植物がその地域からなくなってしまえば、その昆虫は絶滅してしまうかもしれないし、  
  今まではあまり擬態できてなかった昆虫が新たに繁栄した植物と似ていて有利になるかもしれない  
 
613 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:44:38.21 ID:IaQIfxA60.net 
  >>603  
  一気に進化しないだろうから進化途中に淘汰される事はないのかな  
  中途半端に進化して逆に目立つような  
 
620 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:47:47.04 ID:/e18/bX10.net 
  >>613  
  進化途中で淘汰されてしまうような進化は物理的に不可能なので、そのような進化は怒らない  
  逆説的に、現状の生物の形質は全て漸進的な進化(つまり、小さな変化の徐々の積み重ね)で獲得したものだと言える  
 
664 名前: かかと落とし(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:01:18.05 ID:IaQIfxA60.net 
  >>620  
  その積み重ねが納得いかないというかしっくりこないというか  
  何を根拠に積み重ねているのか分からない  
  「次世代ではこの羽の中央からすこし右側を若干茶色に…」みたいな事をやってんのかな  
 
667 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:03:15.86 ID:/e18/bX10.net 
  >>664  
  単にでたらめに変異をしてるだけ   
 
676 名前: ボマイェ(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:06:44.61 ID:Npj9xrj70.net 
  >>664  
  進化するのキッカケは意思ではなく、生き残る為に必要だったから、もっと言うと、それでしか生き残れなかったから。  
  その種にとって存亡に関わる天変地異があった時に進化させられるんだと思うの。確率で言えばほとんどのは種が滅亡するんだろうけどね。  
 
693 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:11:34.62 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>676  
  そうかなあー、、、、  
  おれはどうしても「あいつに擬態してぇーーーー!!!」っていう意思が先だとおもうんだよなー、、、  
 
622 名前: アンクルホールド(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:48:27.58 ID:jna+vwvE0.net 
  >>599  
  捕食者が擬態を見分ける五感を進化させてきたら終わりだな。更に対抗策を身につけるかもしれないけどそれはもはや擬態ではないかもしれない  
 
627 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:49:30.27 ID:/e18/bX10.net 
  >>622  
  いや、むしろそのような軍拡競争が、ある日人類が見つけると「神が作ったかのような高度な擬態」へと導く原動力となるのだ  
 
641 名前: アンクルホールド(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:53:22.17 ID:jna+vwvE0.net 
  >>627  
  個人的には擬態までいくと進化の戦争末期というイメージだが、更に前進するのだろうか  
 
649 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:55:26.58 ID:/e18/bX10.net 
  >>641  
  例えば、気候が変わって擬態していた植物がその地域からなくなってしまったら、また新たな競争が始まるわけだ  
  地球はその手の変化には事欠かない  
 
665 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:01:20.16 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>649  
  なんか色々詳しそうだから質問したいんだけどウイルスについてはどう考えてますか?  
  科学的な常識とかはとりあえず置いといて、個人的な感覚として生命的なものだと考えたりはしますか?  
  オレはどう考えても直感的に生命的なものを感じてしまうんだけど  
 
669 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:03:53.96 ID:/e18/bX10.net 
  >>665  
  学問分野によって生命だったり生命じゃなかったりする研究対象として興味深い現象だと思いますよ  
 
680 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:08:31.60 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>669  
  ですよね  
  どうしてもここにヒントがある様な気がしてならないんですよ  
  因みにこの辺の進化とかの話題で面白いオススメの本とかありませんか?  
 
608 名前: セントーン(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:43:07.97 ID:PKbBRy/q0.net 
  >>522  
  ・逆に葉が昆虫に進化した  
  ・宇宙人のいたずら  
 
524 名前: 毒霧(愛知県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:11:22.18 ID:mY67yLHn0.net 
  進化の最大の要因は異性(特にメス)にもてるかどうか  
  キリンの首が伸びたのにしても首をぶつけ合って勝った方がメスにもてたから  
  そして、そうやって獲得した首の長さが生存に有利だったから今日まで種が存続できた  
 
528 名前: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:13:30.99 ID:vCsRNssq0.net 
  >>524  
  キリンの祖先とされる生物の化石は見つかってるけど、首が伸びていく過程の化石は見つかってなくね?  
  人間だって途中が抜け落ちてるし、謎が多すぎる  
 
541 名前: ドラゴンスリーパー(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:17:07.34 ID:i9D//KGk0.net 
  宿主コントロールできるタイプの寄生虫が謎すぎる  
  どうやったらそんな能力を獲得できるんだ  
 
545 名前: ファイナルカット(栃木県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:19:19.30 ID:32T+F4X40.net 
  >>541  
  むしろ脳の機能なんて簡単に操作できると言うことじゃないかね?  
 
543 名前: キン肉バスター(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:17:57.16 ID:93Vxjene0.net 
  短い年月の掛け合わせな競走馬でさえ明らかに違って来るんだから  
  そう言う状況で掛け合わせや淘汰されればヒレ位生えるだろ  
 
551 名前: TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:21:35.93 ID:QoOUVXO20.net 
  >>543  
  突然変異が個体で終わっては意味ないんだよ  
  それが「集団」で行われると考える必要がある  
  そういう事態をおこすのはなにか「集団感染」を起こすのは何か  
 
555 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:22:47.38 ID:/e18/bX10.net 
  >>551  
  単に生き延びやすい個体を作りやすい変異のほうが明らかに集団内に固定されやすいからだよ  
  死にやすい変異を持った個体の変異はこれもまた、明らかに集団内に固定されにくい  
 
559 名前: TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:24:31.49 ID:QoOUVXO20.net 
  >>555  
  君、教科書厨?  
  なんかすごいなこの国の教育も  
 
561 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:24:58.82 ID:/e18/bX10.net 
  >>559  
  突然どうしたんだ?  
 
569 名前: TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:26:33.27 ID:QoOUVXO20.net 
  >>561  
  いやその辺の毒にも薬にもならないマニュアル解答みたなあと  
 
577 名前: バックドロップ(新潟県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:28:54.82 ID:2Is8WvHZ0.net 
  進化なんて一代で起こるらしいじゃんか  
 
596 名前: バーニングハンマー(dion軍)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:36:18.90 ID:B6vZ2fqW0.net 
  ねぇ今日なんでこんなスレばっか上がってるの?  
 
600 名前: パイルドライバー(熊本県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:40:38.74 ID:1O1eZ+SA0.net 
  遺伝子の水平伝播とかもあるらしいな  
 
604 名前: 毒霧(WiMAX)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:42:11.77 ID:YpL/xxvf0.net 
  >>600  
  それすごい興奮するよね  
  たとえば彼女とキスしただけで自分の遺伝子を彼女のに埋め込めるってことでしょ  
  違うならごめん  
 
607 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:42:54.53 ID:/e18/bX10.net 
  >>604  
  全く違います  
 
602 名前: TEKKAMAKI(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:41:11.78 ID:zdqsZ/E70.net 
  生物は勉強すればするほど頭おかしいレベルで緻密で計算された機械のような仕組みをしてるから確かに自然に出来たって言われても納得できない部分は無くはない  
  でも40億年という人類のスケールを超えた時間で少しずーつ少しずーつくみあげればこうなるのかとも思う  
   
  40年の1億倍の時間とか想像もつかん  
 
605 名前: TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:42:14.65 ID:QoOUVXO20.net 
  >>602  
  時間に丸投げすんのは思考停止だよ  
 
614 名前: TEKKAMAKI(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:44:38.50 ID:zdqsZ/E70.net 
  >>605  
  でも実際に数百万年というスケールの時間を掛ければチンパンジーくらいの存在から現在の人類のように想像もつかない発展をする事も分かってるわけでして  
   
  圧倒的時間のスケールのパワーは馬鹿にならん  
 
621 名前: TEKKAMAKI(大阪府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:48:16.49 ID:QoOUVXO20.net 
  >>614  
  あのさ  
  ゆっくり地道にっていう仮説がいちばん進化論でダメなやつ  
  進化は突然・断続的に起きてるの  
  朝起きて毒虫になってた小説みたいに  
  この辺を理解してほしいなあ  
 
618 名前: 膝十字固め(大分県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:46:54.10 ID:Oxfwnnpi0.net 
  ヒレが無いと死ぬような環境で1億年くらいかければ、人間にもヒレできるだろw  
 
640 名前: エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:52:54.88 ID:yhm9ZNn80.net 
  現代だって、DQNは良く子孫を残して  
  高学歴は大した残さないから、  
  たとえば、ドイツ人はこの100年でIQが10ぐらい下がったんだって  
   
  日本も同じ  
  DQNほど子だくさん  
 
647 名前: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 00:54:22.61 ID:vCsRNssq0.net 
  >>640  
  高スペックなはずの猛禽とかも絶滅の危機に瀕してたりするな  
 
656 名前: エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:57:59.44 ID:yhm9ZNn80.net 
  >>647  
  賢い者が繁栄するんじゃない。  
  強い者が繁栄するんじゃない。  
  環境に適応できた者が繁栄する。  
   
  byダーウィン  
 
653 名前: ファイナルカット(大分県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:57:06.24 ID:zCR69cW80.net 
  なんか役に立ちそうな能力を持った奇形児が生まれたって報告あるの?  
 
654 名前: セントーン(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 00:57:24.77 ID:PKbBRy/q0.net 
  経験が精○を通して遺伝するって話はどっかで聞いたことあるな  
  なんだっけ  
  特定の食べ物(かな?)に電流流すようにしたら  
  その子供も避けるようになったって  
 
662 名前: リキラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:01:05.32 ID:oVP9AYod0.net 
  生きるために仕事しなきゃいけないじゃん でも仕事って辛いじゃん  
  これっておかしくね?  
  本能的には生きたい方向に行くべきなんだから仕事=快楽じゃないとおかしい  
 
677 名前: グロリア(やわらか銀行)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:07:11.76 ID:2Dc8CKks0.net 
  進化の途中の形態が絶滅してるのが不思議  
  進化論は嘘だよ  
 
685 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:09:27.71 ID:+dKKoj9Y0.net 
  >>677  
  これ  
 
689 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:10:22.00 ID:/e18/bX10.net 
  >>685  
  より適応している種と競合している種は滅びるしかない  
 
697 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:13:32.26 ID:+dKKoj9Y0.net 
  >>689  
  化石の話は?キリンの首が半分の長さの種は見つかってないよね?  
 
700 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:14:16.46 ID:/e18/bX10.net 
  >>697  
  君が何を言いたいのかがよくわからないんだが  
 
720 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:18:43.90 ID:+dKKoj9Y0.net 
  >>700  
  進化の途中の生物が存在したなら  
  化石が残ってるはずだよね?  
 
724 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:19:15.52 ID:/e18/bX10.net 
  >>720  
  残念ながら化石が残るという現象は非常に稀な現象なんだ  
 
704 名前: エルボードロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:14:31.29 ID:7/4pW8JG0.net 
  世界的には進化論なんていう考え方はもう古いよ  
 
705 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:15:14.75 ID:/e18/bX10.net 
  >>704  
  古いけどそれに代わる最も確からしい論理もないからしょうがないね  
 
712 名前: アンクルホールド(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:16:54.27 ID:GvIQhCue0.net 
  >>705  
  統一教会かよwww  
 
708 名前: バックドロップホールド(高知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:15:16.57 ID:TNxZka4z0.net 
  複数が同じ様なタイミングで進化しないとアカンのちゃうん?  
  猿より賢く生まれてるのに猿とはやりたくないわぁ  
 
711 名前: TEKKAMAKI(茸)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:16:38.31 ID:zdqsZ/E70.net 
  >>708  
  猿知能の奴が環境に適応できず全員死滅したら必然的に頭のいい奴だけが生き残っていくじゃん  
 
725 名前: バックドロップホールド(高知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:19:18.55 ID:TNxZka4z0.net 
  >>711  
  頭いい奴が複数居ないとふえへんやん  
  よーわからんけど  
 
739 名前: 稲妻レッグラリアット(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:23:51.98 ID:5bpzipmh0.net 
  >>725  
  例えば現代の日本人のうち偏差値65以下の人間が生きていけないような環境になったら馬鹿な奴が死んで賢い奴だけが残る  
  これが何回も繰り返されるといつの間にか天才だらけになるって寸法よ  
   
  1人アインシュタインみたいなのがポツッと生まれたら全員それと同じレベルに進化するなんて事にはならん  
 
709 名前: エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:16:19.05 ID:yhm9ZNn80.net 
  よくUFOに乗ってくる宇宙人が、  
  「あれはきっと未来人」だ、って説を聞くが、  
  それは正しい洞察だと思う  
 
730 名前: 膝十字固め(大分県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:21:10.04 ID:Oxfwnnpi0.net 
  >>709  
  その可能性は低いな。  
   
  論理的に考えれば、UFOが未来からの乗り物だった場合、UFOの形状が昔と今で  
  時代と共に変化していく事は矛盾する。  
   
  例えばアダムスキー型のUFOなんて今は報告例すら無いし、現在よくあるV字型の  
  UFOが戦前から報告されていないのはあり得ない。  
   
  つまり、UFOが未来から来たものだというのは否定される。  
  まあUFOの報告自体が正しいと仮定すればだけどw  
 
747 名前: エクスプロイダー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:25:58.58 ID:yhm9ZNn80.net 
  >>730  
  でもさ、宇宙人って目が大きいじゃん  
  今の人って、目が大きい人ほど良く子孫を残すじゃん(特に女の人)  
   
  宇宙人って手足が貧弱じゃん  
  今の若い人ってスマホやPCをいじり続け、どんどん  
  そういう風になってくじゃん  
   
  俺たちは確実に宇宙人の体系に近づいているよ  
 
728 名前: イス攻撃(大阪府)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:20:12.65 ID:3FfgVcnH0.net 
  宗教というかキリスト教は  
  「神様が作った、だから進化とかありえない。」  
  ではなくて  
  「成長と同じく進化も神様の設計」にならないのはなぜなんだろう。  
 
731 名前: 超竜ボム(三重県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:21:24.58 ID:ltu75BtW0.net 
  植物だけど蘭も不思議だよな  
  特定の生物に似せて求愛行動を利用し受粉させるってやつ  
  http://i.imgur.com/xaeBSZo.jpg

 
 
734 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:22:08.00 ID:/e18/bX10.net 
  >>731  
  被子植物の中生代後期での繁栄を考えると、むしろ昆虫を利用したからこそ彼らが成功できたというのがわかる  
 
736 名前: 超竜ボム(三重県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:23:12.06 ID:ltu75BtW0.net 
  >>734  
  すまん  
  俺アホだからわかりやすくたのむわ  
 
741 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:24:49.38 ID:/e18/bX10.net 
  >>736  
  花を咲かす植物(被子植物)というのは、中生代後期(恐竜が絶滅する直前で、いまから1億〜6300万年くらい前)に  
  一気に反映したのです。  
  彼らは昆虫を花を使って利用することにより、爆発的に地球全体に広がったのでした  
  だから、むしろ花にとっては昆虫を利用するのは当たり前なのです  
 
757 名前: 超竜ボム(三重県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:28:09.96 ID:ltu75BtW0.net 
  >>741  
  丁寧にありがとう  
  似たような色になるのはなんとなくわかるが  
  形はどういった道理なんだろうねw  
 
1000 名前: 不知火(dion軍)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 05:53:46.49 ID:rfkCYI730.net 
  >>741  
  植物が虫を使うのは偶然そのシステムが出来上がったんだろか?  
  虫を使おうという意思が先だろう  
  そうでなければ形が虫に似る筈がない それも特定の受粉活動をしてくれる虫に似るなんてことは意思なくしてありえない  
 
754 名前: セントーン(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:27:33.23 ID:PKbBRy/q0.net 
  >>731  
  不思議すぎるな  
  そういう形状は生き残るのに有利なのはわかるが  
  そこに突然変異の積み重ねと有限の時間だけで辿り着くのかとなると、  
  単純にそうとは言い切れない  
 
758 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:28:17.99 ID:/e18/bX10.net 
  >>754  
  初期段階では「あまりにてなかった」けど、それでも「全く似てない」よりはマシだったわけだよ  
 
763 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:30:23.01 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>758  
  ホントにすんませんがもう一、二冊オススメの本とか教えてもらえませんかねぇ、、、  
  話とても面白いだす  
 
768 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:32:19.78 ID:/e18/bX10.net 
  >>763  
  ドーキンスの本を読んでない奴から順に読んでいけばいいと思うよ  
  「虹の解体」や「盲目の時計職人」 なんかは、僕がレスしたような  
  進化が「意志や神の介在無しに精巧な生物を作り上げる論理」を丁寧に解説している  
 
786 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:40:03.73 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>768  
  ありがとう  
  ドーキンスは利己的な遺伝子しか読んだことないので読んでみます  
  因みに後天的な要素ってどのぐらいまで遺伝するとおもう?  
  極端な例えで言えばボディビルダーの子供が筋肉質になるか?みたいな  
  どの辺までがボーダーラインなのかといつも不思議に思っていて  
 
789 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:40:53.97 ID:/e18/bX10.net 
  >>786  
  ごく一部の希なメカニズムによるエピジェネテエィックな伝搬以外は全く遺伝しないと思いますよ  
  むしろ、したら困る  
 
796 名前: 稲妻レッグラリアット(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:43:00.83 ID:5bpzipmh0.net 
  >>789  
  肥満とかはかなりエピジェネティックな遺伝をする事が分かってるしまだ調べ切れてないだけで結構色んな要素が受け継がれてそうだけどねぇ  
   
  まあ塩基配列が変化してるわけじゃないからせいぜい数代先までが限界だと思うけど  
 
801 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:45:15.90 ID:/e18/bX10.net 
  >>796  
  どっちかっていうと、そういうのって、比較的長期間持続する環境変化に適応するための数世代にわたる相変異だと僕は思いますね  
  結局エピジェネティックなメカニズム自体は遺伝コードされてるわけだし  
 
808 名前: 稲妻レッグラリアット(家)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:48:36.90 ID:5bpzipmh0.net 
  >>801  
  数世代に渡る相変異って考え方は面白いなあ  
 
746 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:25:22.90 ID:+dKKoj9Y0.net 
  進化の途中の化石がないってよく聞くのは  
  人類の話だっけな。ミッシングリンクだっけ あれは否定されてんのか  
 
748 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:26:30.78 ID:/e18/bX10.net 
  >>746  
  人類の化石は20世紀後半からものすごくたくさん系統だって発見された  
 
765 名前: ファイナルカット(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:31:14.44 ID:VZChuUmH0.net 
  女にモテなくてなかなかセッ○スできない俺は人類の進化のために淘汰されるべき存在なの?  
 
773 名前: ニールキック(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:34:45.18 ID:exPI3r1u0.net 
  大陸系東アジア人の進化した結果が日本人  
 
782 名前: アンクルホールド(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:37:59.50 ID:GvIQhCue0.net 
  >>773  
  日本人については東アジアの系統とはかなり違うのが判ってきてる  
  早期に到達したホモサピエンスサピエンスの系統と言う資料が出つつある  
 
817 名前: ニールキック(神奈川県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:54:05.04 ID:exPI3r1u0.net 
  >>782  
  皮肉と冗談を言ってるのがわから無かったかスマン  
 
784 名前: ダブルニードロップ(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:39:02.01 ID:ZM834BaB0.net 
  俺は親より進化しているのか?  
 
788 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:40:12.22 ID:/e18/bX10.net 
  >>784  
  連続的な個体間で進化しているかどうかを比較するのはあまり意味があるような行為ではないですね  
  特に集団遺伝学では進化とは集団の比較に用いられる言葉で、個体に着眼しませんし  
 
823 名前: ダブルニードロップ(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:57:46.13 ID:ZM834BaB0.net 
  >>788  
  インドの沖合に島外の人間を受け入れない島があったと思うが、  
  あの種族は別方向の進化をしているのか?  
 
825 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:58:54.82 ID:/e18/bX10.net 
  >>823  
  そういう風習が現代ではあまり残っていないのを考えると、滅びゆくミームなのかも  
 
844 名前: ダブルニードロップ(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:08:11.11 ID:ZM834BaB0.net 
  >>825  
  滅んだ民族って飢餓とか疾病、他民族の虐●でしょう  
  自らの風習で消滅した種族てあったのか?  
 
856 名前: フライングニールキック(神奈川県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:15:02.43 ID:49r8RUf+0.net 
  >>844  
  モアイ作ってたところは…うーん  
  どうなんだろうね?  
  子供の頃はモアイを運ぶために木を切りまくって滅んだと習ったような…ああ、じじいだから脳味噌が終わってる(´;ω;`)  
 
882 名前: ダブルニードロップ(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:35:40.00 ID:ZM834BaB0.net 
  >>856  
  いずれにしても、孤立状態を何百年何千年にわたって  
  長く続けた種族は、その期間中に多少の進化をしていたのか?  
 
859 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:16:56.61 ID:/e18/bX10.net 
  >>844  
  グリーンランドのバイキングは物資が足りないのに「魚を食べない」という風習で滅んだらしいぞ  
  生活跡見ても魚の骨が全く見つからないそうだ  
 
863 名前: アンクルホールド(愛知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:18:41.19 ID:GvIQhCue0.net 
  >>859  
  アザラシはうまいぞ、って助言してくれた  
  エスキモーを追い散らして自滅したんだよね  
 
862 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:18:12.76 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>844  
  食人の風習でヤコブ病みたいのになりまくって危なくなった部族はあるな  
 
867 名前: ラダームーンサルト(catv?)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:20:16.01 ID:t32aM5vx0.net 
  >>862  
  山羊乳や牛乳しか飲まない(固形物は食べない)という掟で滅んだ民族もいた気がする。  
 
791 名前: ナガタロックII(京都府)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:41:05.72 ID:+dKKoj9Y0.net 
  現代人の容姿は確実に良くなってる。  
  環境のせいなんかではない。昔は不細工ばっかりだった。  
 
806 名前: 超竜ボム(三重県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:48:24.81 ID:ltu75BtW0.net 
  現在までに築かれた文明って人類の脳の「進化」のおかげなのか  
  はたまた、誕生した時からそうであって「時間」のおかげなのかって  
  どうやって判断するの?てか、判断できるの?  
 
809 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 01:49:01.20 ID:/e18/bX10.net 
  その前に君が何を言いたいのか 知りたいのかがよくわからないぞ  
 
816 名前: 超竜ボム(三重県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 01:53:56.95 ID:ltu75BtW0.net 
  >>809  
  すまぬ  
  人間は  
  短期間で賢くなったのか  
  最初から賢かったのか  
  これをどう判断するのか  
  そもそも判断出来るのか  
 
871 名前: バックドロップホールド(神奈川県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:24:58.42 ID:2Wih9S430.net 
  現代科学なんて怪しいのがいっぱいあるぞ  
  統計学、量子力学で確率を積分して確率を求めている  
  確率を微分したものを積分して確率を求めなきゃいけない  
 
875 名前: TEKKAMAKI(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:28:32.90 ID:mvRQ524W0.net 
  >>871  
  確率密度を積分して確率を求めてるんじゃね?  
   
  確率を微分して積分するなら何もしなくてよくね?  
 
880 名前: バックドロップホールド(神奈川県)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:34:47.57 ID:2Wih9S430.net 
  >>875  
  立式が間違っているという事  
 
878 名前: 雪崩式ブレーンバスター(高知県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 02:33:47.31 ID:ndch+Qm10.net 
  何故物があるんやろか  
 
879 名前: ボマイェ(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:34:37.36 ID:Npj9xrj70.net 
  >>878  
  なぜ宇宙があるんやろうか?  
 
883 名前: ボマイェ(チベット自治区)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:35:42.80 ID:Npj9xrj70.net 
  >>879  
  なぜビックバンとかが起きたんだろうか?  
 
890 名前: ダイビングフットスタンプ(やわらか銀行)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:51:40.61 ID:QNILf0SQ0.net 
  >>883  
  最後の部分は宗教でしか補完できないと思う  
 
888 名前: フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 02:47:27.32 ID:GDzLfp5S0.net 
  進化論は生物の歴史で現実に起こった現象をよく説明できていない  
   
  あくまでも、神の存在を否定したい科学者達が必死で守り抜いている妥協案のようなものだ!  
   
  いったん陸上に上がった生物が爬虫類に進化したあと、  
  海にもどり首長竜や巨大な海トカゲのとうなものになったのも解せない  
   
  そういう進化を後押しした環境の変化と突然変異ってなんだ  
  都合が良すぎるじゃないか?  
  海辺近くで暮らす爬虫類が食い物を求める行動をして世代を重ねるうち  
  突然、足にヒレが生えた突然変異の個体が現れ、環境の淘汰圧から  
  その個体が生存により有利なものとして個体数を増やすのか?  
  おかしいだろう  
  突然変異って、圧倒的多くの場合、むしろ生存に害悪しかない変異だけどねー  
  人間でいえば、ダウン症や先天性代謝異常症など、先天性遺伝子疾患群  
   
  仲間のなかで、うまく歩けず、海中ではうまく魚を捕らることができるかもしれないが  
  交尾する相手を得る場合、仲間のオスより有利にメスをゲットできるとは思えない。  
  つまり子孫を残せないだろ  
 
948 名前: フォーク攻撃(福岡県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 04:02:57.89 ID:Ea3l5wpV0.net 
  >>888  
  突然変異と自然淘汰で説明できないように見えるからって  
  いきなり神様を持ち出したりしないよね?  
 
950 名前: フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 04:09:15.68 ID:GDzLfp5S0.net 
  >>948  
   
  うん 米国のキリスト教原始主義者のような、愚かな説は信じてないよ  
   
  ただ、突然変異と自然淘汰だけで、すべての進化を説明しようとする  
  ダーウィンの進化論には無理があるだろうと言っているだけ  
 
920 名前: フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 03:20:15.35 ID:GDzLfp5S0.net 
  進化論に懐疑的な学者が昔からよく語っていたが  
   
  ダーウィンの進化論は、生物の大進化を説明できないんだよね  
  小型肉食爬虫類から鳥類に進化する過程の中間種とか始祖鳥くらい?  
  そもそも羽毛がなぜ、陸上でしか生活していなかった恐竜に生え出したのか?  
  寒さから身を守るなら、羽毛ではなく哺乳類と同じ毛でいいじゃないか?  
   
  それ以前に、カンブリア紀の生命大爆発を突然変異と環境の淘汰圧だけで説明できないだろ  
   
  海生爬虫類のイクチオサウルスとイルカがそっくりな体型も偶然の産物とは思えない  
 
922 名前: トペ コンヒーロ(東京都)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 03:22:27.39 ID:/e18/bX10.net 
  >>920  
  そういう輩は全て「大進化」の定義を具体的にしていない  
  定義の無いものを科学は取り扱わない  
 
934 名前: フォーク攻撃(福岡県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 03:37:59.03 ID:Ea3l5wpV0.net 
  >>922  
  とうもろこしが野生種から栽培種に変わる過程は  
  非常に劇的な形態の変化を伴っており  
  大進化のように見えるが、3つしか遺伝子が変化していない。  
  トマトの野生種は小さな実しかつけないが  
  たった3つの遺伝子の変異で1000倍の大きさになるからな。  
 
936 名前: フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 03:46:41.39 ID:GDzLfp5S0.net 
  >>934  
  それは大進化とは言わないでしょ  
   
  大進化とは魚類から両生類が生まれたとか  
  爬虫類から鳥類が生まれたとか  
 
937 名前: フォーク攻撃(福岡県)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 03:49:37.58 ID:Ea3l5wpV0.net 
  >>936  
  その手の大進化ならカモノハシみたいなのが見つかってるだろ  
  魚類から両生類も肺魚とかいるし。  
  ちゃんと中間体はあるんだよ  
 
942 名前: フェイスクラッシャー(東京都)@\(^o^)/[] 投稿日:2016/04/24(日) 03:54:15.66 ID:GDzLfp5S0.net 
  >>937  
  カモノハシは中間種というより特異な進化をした例でしょ  
  卵を産むけど、古生代の爬虫類とは外観が違っている  
   
  ハイギョはねえ・・・ 肺呼吸への遷移の中間種とみることができるが  
  脚が両生類のようなものじゃないね  
 
956 名前: スターダストプレス(チベット自治区)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 04:21:00.19 ID:FWO5yA1D0.net 
  まあ誰も証明も糞もないから  
  実際問題どの説を好むとか嗜好宗教レベルな面もあるからな  
  将来どう転ぶかはあなた次第!  
 
977 名前: スリーパーホールド(茸)@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/04/24(日) 05:00:12.19 ID:6KAtLp7v0.net 
  人間だけ特種すぎて何者かの介入無しではここまで文明築けないだろうなとは思う  
 
1001 名前:1001[] 投稿日:Over 1000 Thread.net 
  このスレッドは1000を超えました。  
  もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。  
 life time: 8時間 4分 54秒